波がある。

なんでもない毎日と、なんかしらある私

とくになにもない。

f:id:natsuming322:20180531162825j:image

前髪を切ってみた。

鏡に向かい、ハサミを持ってザクザクと、躊躇することはこれぽっちも無かった。

何か一大決心をした訳でもない。

何か心機一転をしたかった訳でもない。

ただ、なんとなく、前髪を切った。

 

なんでもない。

なんでもない毎日。

なんでもない時間。

 

そう、なんでもない。

なんにもないのだ。